禁煙外来について

禁煙外来の治療状況について

総数 男性 女性
のべ患者数 119 92 27
成功患者数 53(達成率44%) 47(達成率51%) 6(達成率22%)

【平成21年3月現在】

禁煙治療後のアンケート

総数 禁煙持続されている方
成功患者数 28 25(達成率89%)
不成功患者数 10 4(達成率51%)

【平成20年6月実施】

禁煙外来担当からのご挨拶

当院では、ニコチン依存症の保険診療を平成18年6月から、スタートし禁煙外来を行っております。(スタッフは、内科、循環器科専門医2名、専属(一部併任)の看護師3名で、原則的には予約制)開設からはや三年が経過し、四年目に入りました。禁煙外来を受診される方は、開設当初のような増加ではありませんが、月に数名程度受診いただいております。

平成18年6月から平成21年3月までに禁煙外来を受診された、のべ患者数は119名(男性92名、女性27名)でした。またその中で、一回目失敗し、一年経過後に、二回目のチャレンジされた方が6名(男性5名、女性1名)おられました。

禁煙治療の成績は、成功された方が53名(達成率44%)で、男性が47名(達成率51%)、女性が6名(達成率22%)という結果でした。

また、当院での禁煙治療後につきまして、昨年お電話や葉書で追跡調査を行いました(平成20年6月実施)。85名の方に問い合わせしました結果(回収35名(回収率41%))は、成功者28名中禁煙持続されている方は25名(89%)でした。また、不成功者(当院での治療は完結されずリタイアされていた方)の中には、10名中4名は禁煙出来ているとの回答もいただきました。

禁煙治療は、ニコチン依存症というだけの一面的に割り切れる疾患ではなく、精神的な問題や社会背景などもからみ、個別に対応しなければならない様々なケースがあり、常に新しい発見をしながら勉強させていただいております。 今後も、成功者はその後の経過をつぶさにフォローさせていただき、ご相談にもお答えしたいと思っております。また一方で、残念ながら不成功となった方につきましても、あきらめることなく、お葉書等でお声かけさせていただき、禁煙治療へ再チャレンジされるようお勧めして参りたいと思っております。

隼人温泉病院
今後も隼人温泉病院、並びに松城会は、禁煙活動を推進し、地域の皆様の健康増進にお役に立てますよう努力して参ります。

よろしくお願い致します。

平成21年 7月

禁煙外来担当 医師 岩城政秋・市成浩太郎

なお、近日中に、二回目の葉書によるアンケート調査を実施の予定です。

里の便り

令和元年8月号

全国各地で猛暑が続いております。暑さのせいで体調だけでなく、気分も疲れてしまいそうですが…

令和元年7月号

 7月に入り梅雨による大雨が九州各地でみられました。被害に遭われた方々のお見舞いを申しあ…

令和元年6月号

 6月に入り、徐々に暑さが厳しくなってきました。脱水にならないようにこまめな水分補給を心…

ゆうゆう便り

令和元年9月1日 発信

【編集後記】 今年も暑い夏が到来しております。世間では 30°C半ばあたりで は…

令和元年6月1日 発信

【編集後記】 5月に平成から令和に元号が変わりました。発表当初は、どことなく慣れないせい…

平成31年3月1日 発信

【編集後記】 今回より、人事異動の関係で編集者が変更になりました。 今後は稲川が担当させ…

看護師・介護師支度金20万円支給